2018年04月01日

週次報告 2018.3.31

日本株 2018.3.31.png
決済)SOU 600⇒300⇒0 +14.2% +16.7%
決済)アエリア 700⇒0 -9.8%
買増)ニーズウェル 2200⇒2400
回転)ニーズウェル 2400⇔3000 -2.5%
縮小)EJホールディングス 1300⇒1000 +10.7%
縮小)タカラトミー 1600⇒1400 ‐27.5%
決済)日総工産(IPO) 100⇒0 +23.7%
決済)森六ホールディングス 400⇒0 -2.8%
買増)神田通信機 600⇒800
新規)パピレス 0⇒500⇒1000
決済)三社電機製作所 3200⇒1800⇒0 +30.9%
買増)AMNITION 400⇒800
買増)ファンデリー 3800⇒4000






外国株 2018.3.31.png
決済)ヴァーチュフィナンシャル 1000⇒0 +21.0%






資産 2018.3.31.png






◆◆◆今週の話題◆◆◆
特になし






◆◆◆今週の振り返り◆◆◆
PF戦略
ロング:日本株は小型株をコツコツ。中国株・米国株は大型株を長期ホールド。
ショート:戻り高値のとき限定。いまはしない。
スタンス:底抜けに警戒しつつも投機的「強気」



<日本株>
ポートフォリオの整理をした。
【三社電機製作所】 いまの業績は好調だけれど、テスラのクレジットリスク⇒パナソニックへの影響は?この状況でパナソニック陣営の三社は上値追い限定的かと考え全決済した。
【SOU】 初動は取れたけどもっと上がるとは思わなかった。
【ファンデリー】 大陽線ブレイク。シルバーライフに負けるな!


<中国株>
【BYD】 いままで値を保ってきた分、減益見通しで一挙下落(´;ω;`) このままEV業界つれ安か?残存者メリット享受か?死ぬか?生きるか?


<米国株>
【シャイア】 まさかの武田から告白w 個人的にはシャイアの企業価値が認められてうれしい。
【ヴァーチュ】 利食い千人力!




◆◆◆今週のサブカルレビュー◆◆◆(◎神○良△まあまあ×毒)
○「ダーリン・イン・ザ・フランキス」 パートナーシャッフルまで。こころちゃん小悪魔発揮、NTR展開はコドモからの成長に必須だよねw  
まだ見ぬ敵に立ち向かうため、コドモたちは“フランクス”と呼ばれるロボットを駆る。それに乗ることが、自らの存在を証明するのだと信じて。
かつて神童と呼ばれた少年がいた。コードナンバーは016。名をヒロ。けれど今は落ちこぼれ。必要とされない存在。フランクスに乗れなければ、居ないのと同じだというのに。
そんなヒロの前に、ある日、ゼロツーと呼ばれる謎の少女が現れる。彼女の額からは、艶めかしい二本のツノが生えていた。「――見つけたよ、ボクのダーリン」


×「ヴァイオレット・エヴァ―ガーデン」 なにこのダイハード展開、走行列車の屋根では人は立てねーってw 「でもようやくこの作品完走だ−」っと思ったら衝撃展開⇒⇒⇒まだ続きあるのかよっ(´;ω;`)
戦時中、軍人として戦ったヴァイオレット・エヴァーガーデンは、軍を離れ大きな港町へ来ていた。戦場で大切な人から別れ際に告げられた「ある言葉」を胸に抱えたまま――。
街は人々の活気にあふれ、ガス灯が並ぶ街路にはトラムが行き交っている。ヴァイオレットは、この街で「手紙を代筆する仕事」に出会う。それは、依頼人の想いを汲み取って言葉にする仕事。
彼女は依頼人とまっすぐに向き合い、相手の心の奥底にある素直な気持ちにふれる。そして、ヴァイオレットは手紙を書くたびに、あの日告げられた言葉の意味に近づいていく。


◎「宇宙よりも遠い場所」 12話感動回⇒13話最終回は余韻のなかフィナーレ。今期ベスト、よい作品だった。
何かを始めたいと思いながら、中々一歩を踏み出すことのできないまま高校2年生になってしまった少女・玉木マリたまき・まりことキマリは、とあることをきっかけに南極を目指す少女・小淵沢報瀬こぶちざわ・しらせと出会う。
高校生が南極になんて行けるわけがないと言われても、絶対にあきらめようとしない報瀬の姿に心を動かされたキマリは、報瀬と共に南極を目指すことを誓うのだが……。


○「魔法使いの嫁」 暗くて長いトンネルだったけど、ラストはハッピーエンドでよかた。
羽鳥チセは15歳の少女。彼女は帰れる場所も、生きる理由も、そのための術も、何も持ち合わせていない。ただひとつ、生まれ持った特別な力を除いて。そんなチセを弟子として、そして将来の花嫁として迎え入れたのは、異形の魔法使い・エリアス。悠久の時を生きる魔法使いの暮しの中で、チセは大切な何かを少しずつ取り戻していく…。これは、世界の美しさを識る為の物語。


△「七つの大罪 戒めの復活」 少年漫画にありがち展開。
いまだ人と、ひとならざるものの世界が、分かれてはいなかった時代。
ヘンドリクセンとドレファスの二大聖騎士長の支配から王国を奪還した<七つの大罪>とエリザベス、ホーク。王国誕生祭も無事に終わり、リオネス王国にようやく平和が訪れた。
だが、次なる脅威の予兆は確実に生まれつつあった――


△「ゲーム・オブ・スローンズ」 シーズン2−3まで。うーんなんだか急に興ざめしてしまった。作中に核となる魅力的なキャラクターがいないせいか。陰謀ばかりで展開がないし。視聴打ち切り。
七王国を動かす者たちに 過酷な運命が
架空の王国を舞台に複数の名家が繰り広げる壮絶な覇権争いを映画並みのスケールで描き、世界を釘付けにしているスペクタクル巨編。


○ラノベ「Re;ゼロから始める異世界生活 16巻」 半分くらい読んだ。番外編かと思うくらい穏やかな展開。たまには死に戻りのないストーリーでもいいと思うけど今後どうなる?
「我が主であるアナスタシア様からのお言葉をエミリア様へお伝えします」
『聖域』での戦いから一年、陣営も一致団結し、充実した日々を送るナツキ・スバル。その平穏な時間は、使者が届けた一枚の書状によって終わりを告げる。水門都市プリステラへの招待状――それが、王選候補者の一人、アナスタシアがエミリアへと宛てた手紙の内容だった。招待を受け、一路、プリステラへと出発したスバルたちは、水の都でアナスタシアを始めとした懐かしい顔ぶれと再会する。奇妙な旧交を温め合い、穏やかな時間を過ごすスバルたち。――その裏で、蠢く悪意の胎動に気付けぬままに。大人気Web小説、再会と再開の第十六幕。――新章開幕! 集え、歴史刻む星々。
 



ではまた ノシ



posted by はんピーのGスポット at 16:46| ホノルル ☁| Comment(0) | マイ有価証券報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: